banner

田七人参との違いについて


高麗人参とよく間違われる、田七人参との共通点、違いについて、
説明したいと思います。

田七人参と高麗人参の共通点は、
まず、ともに、薬効の高さで知られている、ウコギ科の多年草植物なので、
副作用がないことです。
副作用がないので、小さな子供さんから、年配の方々まで、幅広く愛用して頂けること。
それから、どちらも、サポニンを含有しており、疲労回復、滋養強壮、血行促進、
免疫力を高めるなどの作用があります。
更に、血糖値の低下、肝機能の活性化などの効果は、共通しております。

田七人参と高麗人参の違いとしては、
日本では、どちらかといえば、田七人参よりも、高麗人参の方が有名ですが、
実は、田七人参には、高麗人参の約3~7倍のサポニン、鉄が約2倍も含まれていますので、
効能の高さは、田七人参が高麗人参をしのぎ、優れているといわれております。

高麗人参は、血圧を上げる作用があるので、高血圧の方の摂取には注意が必要ですが、
田七人参は、反対に血圧を下げる作用があるので、
高血圧の方には、田七人参がオススメですね。
反対に、低血圧の方には、高麗人参がオススメです。
高麗人参には、副交感神経の緊張を必要に応じて和らげる効果があり、神経のバランスを正常に戻す働きもあるので、低血圧症の方に適した健康食品ということになります。

また、田七人参には、サポニン以外にも、田七ケトン、フラボン配糖体、
アセチレン化合物、植物ステロールなどの機能性成分や抗がん作用のある
インターフェロンを誘発する、有機ゲルマニウムが含有されていますので、
がん予防、防止にも効果があることが認められているのです。
その上、毎日の食事では摂取しにくいビタミン類、鉄、カリウム、亜鉛、
マグネシウムなども多く含まれているので、高麗人参をしのぐといわれているのですね。

ですが、高麗人参は、赤血球や白血球、血小板を増やす働きもあるので、
貧血症の方、冷え性の方のお役にも立てるのです。
どちらの人参も、女性の味方になれる、薬効人参たちなのですね。

Copyright(c) 2013 insam power. All Rights Reserved.