banner

高麗人参の副作用


高麗人参は、古くから薬草として、長い歴史を持っている植物です。
日本でも、民間治療薬として、色々な場面に使用されてきました。
その活躍は、医療分野から、美容分野までと多岐に渡っており、副作用を心配する声も、
聞こえてきます。

しかし、元々、高麗人参は、ウコギ科の多年草ですので、含まれている成分は、
天然の成分だけなのですね。
ですので、医薬品を使用された後のような、副作用の心配は皆無です。

ただ、天然の植物ですので、植物アレルギーのある方は、
もしかしたら、控えた方が良いかもしれません。
アレルギー体質で、今までにも、何かの植物を摂取して、肌に痒みが出たり、
赤くなったりなどの症状があった方は、同じような症状が出てしまう可能性が高いかも・・・
しれません。

また、高麗人参には、一時期に血圧を上げる効果がありますので、
高血圧が気になっている方や、現在、病院などで高血圧治療中の方は、
高麗人参の使用を避けた方が無難のようにも、考えられます。
もし、高麗人参の使用を希望されたいときは、
かかりつけのお医者さまに相談されてからの、使用が望ましいと思います。

それから、副作用ではないのですが、
発熱している、化膿している傷やおできなどがあるときは、
その炎症をひどくしてしまう結果にもなりますので、化膿が治まるまで、
高麗人参の使用は、控えられた方が賢明ですね。

高麗人参を摂取し始めて、これら以外の症状、例えば、熱が下がらない、下痢が続く、
便秘になった、肌の痒みが全身にある、などの症状が表れたときは、
すぐ使用を中止し、近くのお医者さまに相談されることをオススメします。

最後に、高麗人参は天然植物ですが、過剰に摂取すると、
不眠、動悸、頭痛、めまい、発熱などの症状が出る可能性もありますので、
定められた用量、用法を守って、摂取されて下さいね。
始めは、カラダに安全な少ない分量から始め、段々と用量を増やしていく摂取方法が、
カラダのためには良いと思います。

Copyright(c) 2013 insam power. All Rights Reserved.