banner

高麗人参酒とは?


高麗人参をサプリメントで摂取せず、ご自身で"高麗人参酒"を作りたい方のために、
高麗人参酒の作り方、飲み方を紹介したいと思います。

まず、高麗人参酒の効能ですが、高麗人参の血液循環をスムーズにする働きと、
アルコールが併用されると、カラダが温まり、血行が促進され、冷え性改善効果に、
また、虚弱体質改善効果に、大いに役に立ちます。
もともと、お酒は、百薬の長ともいわれ、漢方薬との相性も良いのです。
過剰に摂取せず、適量を守って飲用すれば、カラダのためになり、
その優れた効果を発揮してくれるのです。

高麗人参酒は、ドラッグストア、薬局などでも手に入りますが、自身で手作りされる方も
多く、ご家族で愛飲されているとのお話も、よく耳にします。

実は、高麗人参酒は、自宅でも簡単に作れるのです。
用意するものは、高麗人参を乾燥したものなら、100グラム程度、
生のものなら、200グラム程度、35度のホワイトリカーを1.8リットル。
保存しておく容器は、できれば、広口のビンが最適です。

高麗人参を広口のビンに入れ、ホワイトリカーを注ぎ、ふたを閉めて、冷暗所に保管する。
これで、完成です。
生の高麗人参を使用する際は、流水で洗い、細部の汚れを取っておくことが必要です。
生の高麗人参を使用した方が、出来上がりが早く、1~2ヶ月で飲めるようになり、
乾燥の高麗人参を使用した場合は、3~6ヶ月ほどかかってしまいます。

高麗人参酒の飲み方は、1日10CCが目安です。
適量を守って飲むことが大事です。
早く健康になりたいからなどの理由で、過剰に摂取するのは、危険行為です。
必ず、適量を守りましょう。

高麗人参の苦味がイヤな方は、少量のハチミツを入れて飲まれると、苦味が緩和され、
かなり飲みやすくなるそうです。
また、高麗人参を漬け込む際、干しナツメを10個ほど一緒に入れると、
ナツメから甘みが出て、お酒が苦手な女性にも飲みやすくなるようです。
高麗人参酒、一度、試されてみてはいかがでしょうか。

Copyright(c) 2013 insam power. All Rights Reserved.